東京で暮らすようになってから家政婦さんに頼りっぱなしです

東京で暮らすようになってから仕事と家事の両立が難しいと感じる事が多くなってしまいました。自分の能力不足だなと情けなくなっていたのですが、実際の所、同僚に聞いてみたら部屋は散らかりっぱなしという人が多かったのです。もちろん恋人が居たり結婚をしている人の場合は、全部、恋人や配偶者の方に任せているようなので本当に羨ましい限りでした。しかし自分は居ないので無い物ねだりは出来ません。結婚どころか恋人も出来るかどうか分からない状態でずっと部屋の中は汚れていったのです。東京へ出るまではそれなりにきれい好きだと自負をしていました。実家に居た時には、きちんと自分で部屋の掃除をしていたのですが、東京という慣れていない土地ということだけではなくて仕事も忙しい状況ですからどうしようもありません。

ただ、ゴミがたまって臭いが出始めてしまった時にはもう限界が来たなと感じていたのです。そんな時に家事代行サービスや家政婦サービスの事を知ったのです。家政婦さんに自分の部屋を綺麗にして貰うのは少し恥ずかしかったのですが、お金を払っているのだからとそこは割り切れました。家政婦さんは片付けもきちんとしてくれましたし、換気もして貰えたので本当に自分の部屋に帰ったのだろうか、部屋を間違えたのではないかと思ってしまいました。もう常連になっています。